いかっぱの知育と称してボードゲーム沼

6歳の男の子、8歳の女の子と毎日ボードゲームで遊んでいます。
息子2歳、娘4歳の時、知育と言い訳して、すっかりはまってしまったボードゲーム沼。
これまでに遊んだゲームの中から、我が家でも大好評な幼児向け・低年齢対応のボードゲームをご紹介します。
親子の絆を深めつつ、子供たちの成長にもプラスの影響を与えること間違いなし!
新しいボードゲームの発見と家族との特別な時間が待っていますよ!

間違い探し&カルタのムジーナ!
間違えることが楽しくて大盛り上がりという、ちょっと変わったゲームです。

『ヘンゲ!どうぶつまちがい探しゲーム』としてリメイクされ新発売されたようですね!



今回は、もとになっているゲーム『ムッジーナ!』のレビューです!
子供も大人も大盛り上がりですよ~。

ルールも『しんけんルール』と『わいわいルール』の2パターンあるので、気分や一緒に遊ぶ人によって選べるし、1個で2度おいしいです。

A MUJINA-top


わたし 喋る S
いかっぱ
かわいい絵に一目ぼれ。
間違い探しって子供は大好きだから、楽しんでくれそう!
間違えると楽しいってどういうことだろう?


【この記事でわかること】
・遊び方
・実際に遊んいる4歳児・6歳児の様子
・自信満々に間違える!そして叫ぶ~

基本情報

対象年齢:5歳以上
対象人数:2~5人
プレイ時間の目安:10分

内容物

・チップ:28枚
・カード:28枚
・順位ボード 5枚
・コマ 5個

およその箱サイズ(cm):14.5×10×1.8(たて×よこ×高さ)

ルール

しんけんルール

準備

チップをすべて表向きに並べます。
カードをよく混ぜ、裏向きにして山札にします。
間違えた時の呪文をみんなで決めます。

A MUJINA-setting

ハンデのつけ方

順位ボードの並べ方でハンデをつけます。

A MUJINA-board

遊び方

「せーの、ポン!」の合図でカードを一枚表向きにしてみんなにみせます。

まずはスタート位置が一番手前の人だけスタートします。
スタートしている人は、いっせいにカードと同じ絵のチップを探します。

A MUJINA-sinnkenn

見つけたら「ハイ!」と言ってチップを押さえてください。
間違えたら、みんなで決めた呪文を唱えることで、次のチップを探すことができます。

正しいチップを一番早く見つけた人は、コマを1マス進めます。
スタートしていない人は、誰かのコマが一つでも自分の順位ボードのスタート位置に並んだらスタートできます。

A MUJINA-start

ゲームの終了

ゲームを繰り返し、ゴールに一番早くたどり着いた人が勝ちです。

わいわいルール

準備

チップをすべて表向きに並べます。
カードをよく混ぜ、裏向きにして山札にします。
準備ボードを人数分並べて、スタートに各プレイヤーのコマを置きます。

A MUJINA-board2

ハンデのつけ方

ひよっこには2枚、神レベルの人には7枚といったように、カードを配る枚数でハンデを付けます。
あくまで目安なので、調節してくださいね。

A MUJINA-hande2

遊び方

みんなに裏向きにカードを配ります。

「よーい、ポン!」の合図でいっせいに各自のカードを表向きにして、配られたカードと同じ絵のチップを探します。

見つけたチップはカードと並べておきましょう。

A MUJINA-waiwai

全部探し終わったら「ハイ!」とみんなに知らせます。
「ハイ!」と言った人は、もうカードやチップにさわることができません。
言う前であれば、間違っていても探し直せます。

自分が探しているチップを、他の人が間違えて持っているかもしれません。
そんな時は「間違っているよ」と教えてあげて、チップをもらいましょう。

A MUJINA-miss

みんなが探し終わったら、チェックします。

チェックのしかた

探し終わるのが遅かった人から順に、他の人にチェックしてもらいます。

間違えずに早く探せた人が1位、チェックの時に間違えていた人が最下位です。
2人以上が間違えていた場合、間違えていた人のうち、より早く探し終えた人が最下位です。

1位の人は2マス、最下位の人は0マス、そのほかの人は1マス、コマを進めます。

ゲームの終了

ゲームを繰り返し、ゴールに一番早くたどり着いた人が勝ちです。

4歳・6歳の様子

しんけんルールとわいわいルールどちらも遊んでみましたが、しんけんルールの方が騒がしくなります。
みんなで一斉に一枚の正解を探すので、確かに真剣なんですが、呪文のルールがあるので、大盛り上がりです。

やっぱりなによりの特徴は、おてつきした後にゲームに復帰するための呪文を決めること。

なんでもいいんです。我が家では購入した当時にものすごくはまっていた「ウルトラマンゼ〜ット!」(ポーズ付)が定番になっています。
もちろん、このほかにも子供たちがふざけた合言葉を考えて盛り上がっています。

改めてルールを読んで気が付きましたが、呪文は唱えるんですね、叫ぶんじゃないんですね。
でも、つい盛り上がっちゃって、叫んじゃうんです。

正直、わいわいルールとしんけんルールは逆だと勘違いしていました。
自分のカードを探す「わいわいルール」の方が、みんな無口になる気が、、、。

子供と大人でハンデを付けられるのは、嬉しい心遣いですね。
さすがに、4歳当時の息子は細かい間違いには気が付かずに間違えることが多かったのですが、6歳娘は、よく観察できていました。
6歳になった息子は、かなりよく観察できているので、ハンデ必要なしです。
むしろ子供の方が得意ですよ、こういうの。
6歳以上の子供と遊ぶのなら、ハンデが必要なのは大人です(笑)

むすめ 喋る S
むすめ
間違えないようにすっごく見てるのに間違えちゃうんだよ。
ずっと合言葉言ってたね!


むすこ 喋る S
むすこ
あってる!って思っても違うんだよな~。
毎回合言葉変えると面白いよね。
ママ、よく間違えるし。


親目線のレビュー

お題カードが白黒の輪郭だけなのに対して、場に出されている取り札はパンダとかチーターとか模様があります。
そのせいで、ものすごくわかりづらい!

色が入るだけで、ものすごく印象がかわるんですよ。
やっぱりちゃんとお化粧しようなんて反省しちゃう。
ポイントメイクって大切と実感!

その上、それぞれの違いが耳の形だったり、鼻の大きさだったり、ヒゲだったり微妙な違いだらけ。
大人でも自信たっぷりに間違えます。で、合言葉を叫ぶんで面白い。

みんなで一つのお題を探すルール(しんけんルール)だと、先に5勝した人が勝ち(ハンデなしの場合)。
この長さがちょうどいいです。
子供たちは大興奮しているから、もう一回やろう!って絶対なるんだけれど、2回目は頭が疲れてて、みんな集中力切れてくる(笑)

リメイク版の『ヘンゲ!どうぶつまちがい探しゲーム』は、アートワークを別府さいさんが担当されているんですね。
我が家で大人気の『ナナ』の可愛いデザインをされている方ですよね。
見ているだけで癒されるので大好きです!
きっと可愛さ100倍くらいになっているのでしょう。

ムッジーナ!のかわいい動物イラストはそのままのようなので、このビミョーに緊張感のない顔の動物たちは健在なんですね!(好きなイラストなので、喜んでいます。)

また、動物の種類も新たに7匹が追加になってパワーアップしているようです。
より混乱しそうですね~。
このタヌキさん、葉っぱ隠すの忘れたり、ちょっとおっちょこちょいだけど、35種類の動物に化けられるようになるんですね!

ムッジーナ!を作られた鍋野企画さんって、『犯人は躍る』を作られているんですね。
娘が学童でやって楽しかった~っていうので、去年のゲームマーケットで購入し我が家にも新版があります。
すっごく楽しかった!
そのほかにも可愛いゲームがいっぱい。
ゲームマーケットは昨年デビューしたばかりで、何もわからずキョロキョロしていたけれど(楽しかったです)、目的ができるとより楽しめそう!

わたし 喋る S
いかっぱ
呪文は振り付きで唱えると楽しいです。
自信満々に間違えると恥ずかしいはずなのに、呪文があるから逆に周りが盛り上がってくれて嬉しくなる!

ずっとずっと欲しかったHABA『画家ネズミのクレックス』
子供も遊べるし、大人にはパーティーゲームにもなるし、こういうのうちの子供たち好きそうなんだよな~。
でも廃版となっており、購入方法は中古品のみ。
ハードル高いですぅ。
フリーマーケットで他のゲームの中古品を購入したことはありますが、このゲームには出会ったことないんです。

こうなったら、ネットに頼るしかない!
なんと駿河屋通販にあるじゃないですか!でも、プレミア価格。
遊んだことのないゲームで中古品に、あのお値段は、、、。
ポチっちゃう?でも、高いよぉ~を繰り返すこと1年以上。(その間、売り切れたり、またでてきたり)

年末の駿河屋セールをなんとな~く眺めていたら、出てきた!『画家ネズミのクレックス』!!
しかも、良心的なお値段ででているじゃないですか!
ん?破損品か。
破損内容は、説明書と箱。

お値段は新品のお値段程度なので、破損品と考えるとやっぱりお高いのかな。
でも、これを逃したら倍のお値段なわけで。さすがに手が出ない!

説明書と箱の破損なら、ゲームに関係ないよね!

ということで、ポチってしまいました。

初めての駿河屋通販。そして、破損品の購入なので、状況報告させていただきます!

わたし 喋る S
いかっぱ
子供が扱うものだし、遊べればいいや!
とはいえ、実物を確認していない破損品の購入はドキドキしますね。





駿河屋 通販の購入方法は?

駿河屋さんの店舗では、何度かお世話になっているのですが、通販は初めて。
セールの時だと、999円以上で送料無料になったりしています。
普段は1500円以上ですが、それでも良心的ですね!

購入にはアカウント登録が必要なようですね。(登録しなくても買えるのかな?)
きっと今後も利用するので、登録、登録!
色々入力している間に、売り切れないかヒヤヒヤ。

いよいよ購入!となったら、おや?
お値段がちょっと上がっている。
通信販売手数料がかかるようですね。
通信販売手数料240円となっていました。

なるほど、駿河屋さんの通販は理解できたぞ!

すぐに自動応答メールがきて安心。

あとは、待つだけです。

購入から到着までの日数

駿河屋の通販については、色んな報告がありますよね。
『忘れたころに来る』とか。
なかなか来ないっていう意見が多いですね。

購入は12月31日の大晦日で、年末セール真っ最中でした。
きっと年始のお休みもあるし、セール期間だし、通常よりもさらに時間がかかるだろうなと覚悟はしていました。

ずっと欲しかったゲームですし、家庭用なのでのんびり待つ気満々。

ところが年が明けて1月2日に、2-3日で発送予定ですとのメールが!
え?めっちゃ早いんですけれど。

翌1月3日には、発送しましたとのメール。
偽物メールかと疑っちゃいましたよ。

1月4日 7:45にお届け完了メール。(勤務中だったため、夫が受け取ってくれました)
家に帰ってきてインターホンみたら、7:37でした。
はや!そして、朝はや!

駿河屋さん、全然遅くなかったです。
むしろ、早い!

たまたまだったのかな?

ドキドキ開封

『こわれもの』の印字がある。
もともと破損品なのに~。
宅配の方、丁寧に配送していただき、ありがとうございます。

IMG_1153

動かないように、梱包してくっついてますね。
この状態でみる限りは、とっても綺麗な状態です。

IMG_1154

いよいよ、中身の確認です!

破損状況は?

箱が少し凹んでいるのか、しわがありますね。

IMG_1144
全然、気にならない程度です。

角が破れやすいので確認しましたが、どこも破れていません。
IMG_1145

ピッチンをスタンバイさせていましたが、必要なかったです。
IMG_1152

裏からみると、蓋部分が歪んでいるので、やはり上からの力で凹んだんでしょう。
水にぬれた可能性もあるかな?
IMG_1155

説明書を確認してみます。
確かになみなみしてますね。
お水でもかかったのかな?といった状態です。
ちょっとウネウネしてますが、読む分にはなんの問題もないですね。
そもそも日本語ないし、必要ない~。
日本語の説明書はきれいでした。
IMG_1147

箱の仕切りが歪んでます。
IMG_1149
全然影響なし!!

不足品の情報はなかったので大丈夫だとおもうのですが、念のため、内容物を確認しましょう!

まずは駒。
どれが、クレックスかパブロかヴィンセントかニキかフリーダかはわかりませんが、5個ありました。
タイトルにあるクレックスはネズミなので灰色のかな?
主人公が一番小さい!
IMG_1148

パレットは型抜きしていないのもありますね。ちゃんと5個あります。
IMG_1150

そのほか、ケーキや絵の具などの小さいものも全部ありました。

唯一、足りなかったのが、小分けの袋。
5枚とありますが、4枚でした。
問題なさすぎ!
むしろ、小分けの袋って内容物に記載されているのが珍しい。
付いているゲームは多くありますが、内容物には記載されていないですよね。

結果的に、とっても満足な内容でした!
どれも家庭用としては、全く問題のない程度の破損でしたね。

これで味をしめて、駿河屋さんの通販利用が止まらなくなりそう~。

ゲームのレビューは、しっかり楽しんでから書きますね。

わたし 喋る S
いかっぱ
すぐに届いたし、気になるほどの破損じゃないし、すごくいい買い物でした。
ボードゲームって廃版になってるものも多いので、今後もぜひ利用したいですね。

 

すごろくやのガチャで出てくるミニチュアカードゲームコレクション!

とっても小さい『ナンテッタ』です。
新感覚カルタってどんな感じ?

通常版のナンテッタは未プレイですが、子供がとっても喜んだのでレビューしたいと思います!

ナンテッタ-top


わたし 喋る S
いかっぱ
アテレコってことでしょ?
小さい子でもちゃんとセリフを思いつくのかしら。


【この記事でわかること】
・遊び方
・実際に遊んいる5歳児・7歳児の様子
・セリフはちゃんと思いつくのか
・繰り返し遊べるのか

基本情報

対象年齢:4歳以上
対象人数:3~7人
プレイ時間の目安:10分

内容物

・カード:30枚

およその箱サイズ(cm):5.6×3.8×1.8 (たて×よこ×高さ)

ルール

準備

今回使うのは、30枚のうち15枚です。
ランダムに15枚選んだら、中央に重ならないように広げます。

遊び方

順番に『読み手』役を行います。

読み手は場のカードのうち1枚を心の中で選びます。
そして、そのキャラクターの気持ちになってセリフを考え、全員に伝えてください。

それを聞いた他のみんなは、いっせいに、そのセリフに一番合いそうな絵のカードを探します。
見つけたら、カルタの要領でそのカードを押さえます。

読み手は、そのカードが当たりかはずれかを答えます。

はずれのカードを押さえてしまった人は、お休みになります。
誰かが当てるか、全員外れるまでお休みします。

当たりのカードを抑えた人は、そのカードを獲得します。

ナンテッタ-rule


ゲームの終了

一番早く5枚集めた人が勝ちです。

もし、誰も5枚を集めないままカードが1枚だけになったら、ゲームを終了し、集めたカードが一番多い人が勝ちです。

5歳・7歳の様子

「もう1回!」って何度言ってくれたんだろう。
正直、気に入ってくれるか不安だったけど、予想以上に気に入ってくれました。

ディクシットも好きだし、こういうイメージを言葉で伝えるゲームが好きなんだなと発見。

何度か遊ぶと、とにかく色んな絵を見たくなるみたいで、15枚ではなく、30枚並べてやりたい!とリクエストが。
もちろん、枚数が多い方が判断は難くなるのですが、セリフがかぶる絵は多くないです
というか、子供たちは『まさしくピッタリ』のセリフを考えてくれます。

むしろ、私の答えを当ててもらえないことがあります。
ピッタリだと思うのにな~。

子供の感覚っていうのがあるんでしょうか。
2人で以心伝心。
私がどれだか迷っていても、2人はピタっと当ててきます。

心配していた、セリフが思いつくのかという点は、全く問題ありませんでした。
どのキャラクターもとっても表情豊かですし、シチュエーションもわかりやすいものが多いです。

我が家の息子は5歳の時から遊んでいますが、ルールは簡単ですし、公式どおり4歳くらいでも十分遊べると思います。

カルタにすると早取り勝負なので、上の子が有利になってしまいますが、一緒にセリフを考えて笑い合うだけでも楽しいです。
カルタなので3人以上となっていますが、我が家では2人でもよく遊びます。
正解~、外れ~って当てっこするのもいいですよ。
外れになることは、ほとんどないんですけれどね。


むすめ 喋る S
むすめ
どのカードのセリフ言おうかなとか、なんて言おうかなって考えるのが楽しい!


むすこ 喋る S
むすこ
なんてお話してるのかな?って考えるよ。
セリフ考えるって楽しいね!


親目線のレビュー

通常版はカード枚数24枚と少ないのですが、裏表に異なる絵が描かれているようです。
こちらは、カード枚数は30枚と多いですが、裏はタイトルロゴとなっており、ゲームで使える絵柄は表のみです。

同じ絵に、キャラクターが何人もいる場合があるので、ちゃんと吹き出しを見ないと、誰が話しているのか間違えてしまうことがありました。
子供は直観で判断するので、私のほうが間違えがちでした。

新感覚カルタとキャッチコピーにあるように、基本はカルタです。
分かるか分からないか、微妙なセリフを考えなきゃって思っていたのですが、カルタなんだから、そこを悩ませる必要はないですよね。
正解を早く見つけた人が勝ちのシンプルな遊び方でも十分楽しいです。
読み手も正解してもらえると、わかってもらえた~って嬉しくなれます。
そのため、子供には読み手が人気です。

気に入ってくれて、何度も繰り返し遊んでいるのですが、やっぱりちょっとマンネリ化はしちゃうかな。
シチュエーションがわかりやすい絵が多い分、どうしてもそういった絵はセリフが決まってきてしまいます。
顔だけの絵とかは、色々なセリフがでてきて楽しいですね。
いろんなシチュエーション考えすぎちゃって、正解してもらえなかったりするんですけれど。

家族だけで遊んでいると、セリフが固定化してきてしまうので、他の人とも遊んでみたいですね。
ナンジャモンジャも、お気に入りの名前とか決まりがちですが、こちらもその傾向があります。

子供にとっては、表情から気持ちを想像したり、シチュエーションを考えたりと、共感力や想像力が大いに刺激されそう。

キャラクターの多くがニコニコしているので、乱暴なセリフは出てこないです。
ニコニコしていなくても、困り顔だったり、驚いていたり。
ウンチはでてきますが、可愛い顔していますよ。
安心して小さい子と遊べます。

子供が一生懸命演じてくれるので、釣られて照れずにセリフ言えちゃう。
こういうの得意な人って、子供と遊ぶの上手なんだろうな~。
全力で臨場感たっぷりに言える人ってかっこいいなと思います。

大人だけでやっても楽しいとは思いますが、ちょっと恥ずかしくなっちゃうかも。
絵が可愛いだけに、捻ったセリフは思いつかないな~。
大喜利みたいに遊んだら、楽しいだろうな~。でも、難易度高そうですね。(私は苦手なので無理ですが)

色んな絵が見たいから、製品版も欲しくなっちゃいました。
小さいサイズも持ち運びしやすくて便利ですが、大きいサイズで視界いっぱいに並べてみたいな。
とっても小さいので旅行には最適ですが、紛失注意です。

ナンテッタ-mini


わたし 喋る S
いかっぱ
子供の方が想像力豊かで、すぐに思いつくみたい。
手軽に遊べて、笑えるいいゲームです!


そのほかのミニチュアカードゲームコレクションは、バンディドをGetしました。
お試し以上にしっかり遊べるのでオススメですが、ガチャなので何がでるかはわかりませんのでご注意を。




 

このページのトップヘ